FC2ブログ

◎  羊肉湯(ヤンロウタン) 私の好物のひとつです! 

実は、ジンギスカンが大好物です!
そして、中国の山東省に来たら、「羊肉湯(ヤンロウタン)」です!

しかし「羊」といっても、日本でいう「山羊」のことです!

新鮮な山羊の肉を使って作る鍋料理です。
内臓から、肉から全て入れて煮込みます。
味付けは、だいたい各自で好みの味にします。

山羊を店裏でさばいて作るので新鮮で、臭みがありません。

中国の方も大好きな料理の1つです。
各店で、出し方が違いますが、今回新しいお店見つけました。

注文すると、まず山羊をさばきます。
ヤギさん

きれいにさばかれます。

店でさばくので新鮮ですね

材料が揃ったら、机に備え付けの大きな鍋に入れて、お湯をそそぎ、加熱していきます。
大きな鍋です!

どーん!

大人しく待ちます。

しばらくすると、灰汁が出てきますが、決して自分たちでとってはいけません。
灰汁が出てきました!

このお店は、食べられる状態になるまでは、店員さんが鍋奉行となり、勝手に触ると、飛んできて怒ります。
灰汁を丁寧に取ってくれます。

出来上がってからも、しきたりがあります。


まずは、各自に何も味付けしていない、スープが注がれます。
まずはシンプルに。

山羊だけの美味しさを味わいます。

次に、香菜と一緒に、その次に、ニラと一緒に味わいます。
薬味を足します。

少しずつ足していきます。


私は、塩と、胡椒と、香菜を入れるのが好きです!
薬味は好みで使います。


ここで、店員さんの鍋奉行としての仕事が終わります。

ここからは、各自が鍋から具材を取って、特製つけ汁につけながら食べます。
うまい!

なんとも豪快な鍋です!


山東省では、羊肉湯のお店が各地にあり、それぞれ特徴があるので、それを食べ歩くのもおもしろいですね!


◆おまけ
空港にて。
1人カラオケボックス!
カラオケボックスです!

さすがに歌ってはいません!

◎  ベトナムでのお気に入りの店とはじめてのお酒 

ベトナム ダナンに来たら欠かせないのが海鮮料理の店です。
毎回行くのがここ。
いろいろな魚介類が食べれます!



鮮度のいい魚介類が揃っています。
新鮮!


ベトナムの大衆酒場と言った感じです!
大衆酒場!



子持ちイカのボイルは、塩コショウにライムを絞ったものにつけていただきます。
子持ちイカのボイル


貝に焦がしニンニク乗せたものも最高!
焦がしにんにくが最高!


えびも生きてるものを焼き上げます!
大きなエビ!


おっと、まだ生きてる?
ツワモノの濱中さん


写真は今回同行した開発部の濱中さんです。
1人でベトナム、インドネシアの仕入先を開拓してきた“つわもの”です!
ベトナム、インドネシアでは必ず現地の言葉で話しかけられるという“つわもの”です!うらやましい。

何度来てもまた来たくなるいいお店です。


そして、今回はじめて訪れたのがベトナムの少数民族クホ族のお店です。

お酒が独特で、壺酒と呼ばれるものです。
壺酒

専用の壺にお米を入れてバナナの葉で包んで発酵させたものが運ばれて来ます。


ふたをあけておもむろに竹筒をさします。なんとそこに水を注ぎます。
水を入れます


待つこと5分で出来上がります。

飲み方は、先ほどさした竹筒の先を各人が持って吸います。
みんなで飲みます!


飲みやすい!意外とうまい!
日本酒と甘酒を割ったような感じです。
アルコール度数は14度くらいで、日本酒、ワインと同じくらい。

なくなって来たら新たに水を注いで、いつまででも飲み続けます。
ストローでお酒飲んだらすぐ酔うのとおなじで、あっという間に酔ってしまいます!
これは、参った!


料理も独特で、中でもアリ塩で食べる豚肉がおもしろい!
蟻塩!

アリ塩って、蟻です蟻!

蟻と塩を混合したものですが、酸味があり、想像できない味です。
これはアリ!

これは、アリ!

クセになるかも!

大きな仕事を前に英気を養うことができました!
明日からまた頑張るぞー!!

◎  ベトナムの定番 

ベトナムは、何度訪れてもいいところです!
なんと言っても、食事が美味しい。

今回は、ダナンに行ってきました!
地元の人に教えてもらった、お店を2ヶ所紹介します。

1ヶ所目はバインミーのお店です。
バインミーのお店


バインミーとは、ベトナム式のフランスパンに、具材を挟んだものです。
実はいたるところにバインミーのお店はあるのですが、お店によって味が違うようです。
その中でも地元の人がお気に入りのお店がこちらでした。

作り方観察(ひょっこり)
ひょっこり


まず、焼きあげた美味しそうな豚肉を切り分けます。
美味しそうな豚肉!


パンに切れ目を入れて、パテ、野菜、豚肉、ハム、緑の唐辛子、ネギ。
最後に塩コショウをパラリと一振りで出来上がりです!
いろいろはさみます!



うーん!おいしい!
バインミー!


パンがサクサクで軽い!
豚肉、ハム、パテのバランスも良く、唐辛子がアクセントになって全体を引き締めてる!
これなら毎朝食べたい!と思える美味しさでした。



続いて、ブンのお店です。
お店の看板


細い路地を入ったところに目的のブンのお店があります。
ブンのお店



ベトナムは、フォーが有名ですが、麺の違いや、食べ方で呼び名が違います。
今回紹介するのは、フォーと同じ米の麺ですが形状が平たくなくて、丸いものです。
これをブンと言います。
よく煮込まれたスープ!


茹でた麺に、よく煮込んだスープ、牛肉をのせて運ばれてきます。
ブン!


これは、うまい!
麺の食感は、柔らかいけど、しっかりしてて食べ応えあり、お肉も美味しい!

好みで、ライムやコショウをかけていただきます。
ライムやコショウ


あっと言う間にペロリ、思わずおかわり!

今度は、肉団子のブンをいただきました。
肉団子のブン


肉団子の弾力がすごい!
これまたうまい!

堪能しました。
よし、また来よう!

◎  インドネシアでうまいもんに遭遇 

久しぶりのブログ更新になることお許しください。

前回からこれまで、相変わらず色々な国に訪問させていただいていますが、
なかなかうまいもんに巡り会うことが出来ずご無沙汰しておりました。


さて、今回はインドネシアに行ってきました!
まずは、驚きのホテル朝食です!
ホテル朝食

緑めし!
緑めし!


インドネシアでは、よく緑色のパン、ケーキを見かけるのですが、めしは初めて!
この緑色は、パンダンリーフという葉を使用しているからだそうです。

色さえ気にしなければそこそこ美味しい!
かすかにそのパンダンリーフの香りがします。

そして、夕食で訪れたのがインドネシアの得意先様が贔屓にされているレストラン!
バリ島の料理がいただけるということ。
この日は、お店がお休みのところを我々のために開けてくださいました。

料理風景です!
なんと豪快な!


なんと豪快な料理でしょう!

まずは鳥の丸焼き!
鶏の丸焼き!

スパイシーでうまい!

そして、インドネシア鯛の炭焼き!
鯛の炭焼き!

これまた香ばしくてうまい!

バリ島料理を堪能しました。
鯛!
えび!



◆おまけ①
ふー!心地良し!!
ふー!


◆おまけ②
空港に突如現れた巨大な荷物!!(よーく見てください)
ひょっこり!


◎  インドでカレー三昧!! 

人生初めてのインド上陸です。
インド象が出迎えてくれました。
ゾウの出迎え


私、実は、カレー好きなのです。

しかもどちらかというとインド風カレー好きです。
自分でも作るくらい好きなのです。

なので今回のインド出張は、私にとっては、仕事以上に興味深いものだったのです!

ここだけの話!?
インドでは、朝昼晩カレーです。
いや!カレー以外無いといっても過言ではありません。

いろいろ食べましたので、その写真をアップしておきます。
ホウレンソウのカレー
ホウレンソウのカレー

キーマカレー
キーマカレー


その中でも、一度は食べたかったのが、バナナの皮にごはんとカレーをのせて右手でこねて食べるあのカレーです。
実際に体験しました。

おっ!うまそう!!
いろんな味!

おっ!それらしくなってきたー!!
つぎ分けてくれます

おおっ!コレコレ!
コレコレ!
 

現地の人をマネして右手だけでいただきます。
右手でいただきます
 

手で食べるのは、面白いですね。
舌と、口内の食感を感じるとともに手での食感も味にかかわってきて、とても面白い感覚になりました。

完食!!


◆おまけ
メキシコにもいたナマケモノをインドでも見つけました!
インドのナマケモノ
(ヤシの実です)
 

インドの漁船!!よーく見てみてください!!
カラフルなインドの漁船!の真ん中に…



back to TOP